ヘビ型災害救助ロボット音響センシングに関してプレスリリースを行いました

投稿者: | 2016年06月11日

内閣府ImPACTタフロボティクスチャレンジ(東北大・田所論PM)に採用されている
弊研究グループ(東大・猿渡研、NII小野研、筑波大・牧野研)のブラインド音源分離研究が、
災害等の極限環境における被災者音声分離・検出に成功し、
プレスリリースを行いました(2016年6月1日)。
本技術は、柔軟な索状ロボットに取り付けられた位置不定・精度不定な複数マイクロホンの情報
のみを用い、音源の低ランク近似に基づく教師無し空間フィルタ最適化及びスパース
時系列推定技術を組み合わせて瓦礫中の被災者音声を検出・強調するものです。

JSTプレスリリース: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160601/
日本経済新聞6月1日: http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H7M_R00C16A6CR8000/
マイナビニュース6月1日: http://news.mynavi.jp/news/2016/06/01/082/

WEB掲載用写真

カテゴリー: News