最上伸一さん(M2)を筆頭とする論文がAPSIPA ASC 2018 Best Paper Awardを受賞いたしました。

投稿者: | 2018年11月20日

最上伸一さん(M2)を筆頭とする以下の論文がAPSIPA ASC 2018 Best Paper Awardを受賞いたしました。

Shinichi Mogami, Norihiro Takamune, Daichi Kitamura, Hiroshi Saruwatari, Yu Takahashi,
Kazunobu Kondo, Hiroaki Nakajima, Nobutaka Ono,
“Independent Low-Rank Matrix Analysis Based on Time-Variant Sub-Gaussian Source Model,”
Proc. APSIPA ASC 2018, pp. 1684-1691, 2018.

カテゴリー: News